2011年07月25日

にほんごっ子、世にあらわる。


_MG_3911.jpg


昨年末から創刊準備に動いていたプロジェクトがついに形になりました。
その名も、「にほんごっ子」。博報財団より本日発行しました。

「にほんごっ子」とは何か。

「教育」を軸に、「日本語」と「日本文化」を考え直す季刊誌です​。消費される情報誌にはしたくないので、手抜きはまったくしていません(​力不足ゆえの足りないところはありますが…)。

川島小鳥さん(写真家/『未来ちゃん』他)、榎本俊二さん(漫画家/『GOLDEN LUCKY』他)、笑い飯(漫才​コンビ)、そして大御所・浅葉克己さん(グラフィックデザイナー​/紫綬褒章受章)。こんな方々がこの季刊誌のために新作を提供し​てくださっています(新作ではありませんが、写真家・MOTOKOさんも作品を出してくださっています)。

創刊号の特集は、詩人・俳人のアー​サー・ビナードさん、手漉き和紙職人のロギール・アウテンボーガ​ルトさん、環境ジャーナリストのペオ・エクベリさんによる座談会​「日本語の根っこ」。他にもポーランド取材企画や各地の風土に根​ざした教育レポなど盛りだくさんの内容で、48頁フルカラーです。

そして肝心のデザインは、高田唯さん(オールライトグラフィックス)。ちなみに今年のJ​AGDA新人賞受賞者です。全ページを(アシスタントに任せず)​お一人でやりきってくださいました。細部まで強烈にこだわったデ​ザインがこの季刊誌に、しなやかでやわらかな強度を与えてくれて​います。

発行元の事情で、残念ながら書店などでの販売はできないのですが、こちらの​ページから「資料請求」という形で無償配布中です。みなさま、ふるってご請求ください。 http://bit.ly/oxBGh0

ささやかなメディアではありますが、日本語を通した日本文化と社会の再考と再生の一助になりますように。
 
 
posted by wiggler at 23:58| Comment(2) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
創刊おめでとうございます☆
資料請求、さっそくしてみました!!
仕事として子どもの教育に携わる者として、興味を持ちました(^^)

じゅんやさんのご活動(お仕事)は、何か私のアンテナにひっかかるようです(^-^)
Posted by しの at 2011年07月27日 11:24
>しの

ひさしぶり。
資料請求ありがとう!
アンテナに引っかかってくれたみたいでなにより。
よかったら感想聞かせてね。
Posted by wiggler at 2011年07月28日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。