2010年03月30日

Twitterから切り離しました。


Twitterからのブログエントリの自動投稿を解除しました。

Twitterでの発言をいちいちこのブログに垂れ流すのも
このブログをわざわざつくった目的にそぐわないと
いまさらながら思い出したので。

それに更新履歴に「○○年××月△△日のつぶやき」というのばかりが
ずらりと並ぶのにもなんだかとても違和感が。

これでこのブログの更新頻度は格段に下がると思いますが、
たまに気が向いたら様子を見にきてください。

posted by wiggler at 03:16| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

2010年03月27日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
渋谷での送別会。そして恵比寿での後輩の壮行会。カラオケを経て、恵比寿吉柳にてスープカレーと焼酎で腹を満たす。 at 03/27 06:23


wiggler1029 / 沼上純也
まだ軽く二日酔いが残っているので、きょうは二次会には参加せず。にしても、渋谷の街は疲れるなー。 at 03/27 22:52


wiggler1029 / 沼上純也
きょう一番の名言は、「木を剥く方が、女性の服を脱がすより楽しい」。今日のトークイベントでプロダクトデザイナーの熊谷さんが紹介したお祖父さんの言葉。削り出すまで分からないから木目の美しさを言ったものだが、引き合いに出す例えのセンスの良さといったら、もう! at 03/27 22:59


wiggler1029 / 沼上純也
「手を抜こうと思ったらいくらでもごまかせるのに…。(報酬が変わるわけでもないのに)デザインした人の思いをくんで、あえて職人さんが手間もお金もかかる仕上げをしているのがわかる。そのことを(スクール&コンペ参加者に向かって)きちんとわかってほしい」。同イベントでの熊谷さんの言葉。 at 03/27 23:14


wiggler1029 / 沼上純也
これってアマチュアリズムとプロ意識の幸福な関係では?そういう気概がきちんと見える仕掛けがあれば、さまざまなレイヤーで共感や共振も生まれそう。 at 03/27 23:14


wiggler1029 / 沼上純也
「僕たちは、木や森のことを考えるだけでなく、職人さんが喜んでつくりたくなるよう考えなくては」。同イベントでのプロダクトデザイナー・清水さんの言葉。自分を有利にするために空気を読むのとはちがった形で、さまざまな関係性にセンシティブになることから世の中は変わっていくのではなかろうか。 at 03/27 23:23


wiggler1029 / 沼上純也
清水さんの発言の裏にあったのは、「(ルーティンの作業ではなく)チャレンジを与えられて、職人たちも喜んで取り組んでいた」。という飛騨産業の岡田社長の言葉。 at 03/27 23:32

posted by wiggler at 00:15| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

2010年03月26日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
いまでもたまに会いたいと思える友人がいるのはありがたい。そいつが数学と文学と彼女を愛しているのもありがたい。 at 03/26 00:11


wiggler1029 / 沼上純也
どうしてこうもテクニックばかりが崇拝されるのか。論理そのものはどれほど偉いのか。むやみに振り回す拳。宙空にただよう虚しさ。 at 03/26 00:18


wiggler1029 / 沼上純也
骨抜きにされたと感じながら(骨抜きなので)立ち上がれないA。骨抜きにされたことを嘆くB。骨抜きにされたことにも気づかないC。そんな一切合切を引き受ける受け皿を提供したものの勝ち。その価値判断の基準は目先の苦楽。 at 03/26 00:27


wiggler1029 / 沼上純也
快不快と想像の跳躍力、あるいは掘削力。刺激と反応のモデル。パブロフの仮設の実証。 at 03/26 00:29


wiggler1029 / 沼上純也
てゆう、薄さのさらけだし。よく言えばメモ。別の言い方をすれば園児レベルの猥褻物の陳列。 at 03/26 00:37


wiggler1029 / 沼上純也
電車内で盛り上がる大学生グルーブから「カプサイシン」という単語が届く。バイト先が韓国料理店だったために「カプ」とあだ名されたやつを思い出す。 at 03/26 00:43

posted by wiggler at 00:15| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

2010年03月24日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
間伐材でつくった服というのが気になります。 RT @shinkichi_m RITSUKO SHIRAHAMAが間伐材で作った服のインスタレーションが明日、六本木ヒルズであります。ウェストウォーク2Fです。今日は関係者の日。ということで今夜いってきまする。 ちなみに会場でmore at 03/24 18:02


wiggler1029 / 沼上純也
Asta da simulator de curse http://bit.ly/92RWIN at 03/24 19:56


wiggler1029 / 沼上純也
きょうの酒の肴は、メルローズとボディコン。男女雇用機会均等法と言葉の中性化。女性性が醸成した文化はどこへ? at 03/24 23:11

posted by wiggler at 00:01| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

2010年03月22日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
友人が出演する舞台をみた。予想外によかった。ライブのエネルギーはやはり凄まじい。 at 03/22 17:59


wiggler1029 / 沼上純也
まさしく全身全霊で表現されたものを、その場で生のまま受け取る。その濃密さたるや。一回性ゆえのあの爆発力には、技術を超えて揺さぶるものがあった。  at 03/22 18:21


wiggler1029 / 沼上純也
きょうのキャストたちに感じたものは、甲子園の球児や箱根駅伝のランナーに感じるものと通じるものだろう。一回きりだからこそ、そこに凝縮されるなんと言ってよいかも知れない質量の大きさ。  at 03/22 18:30


wiggler1029 / 沼上純也
そういえば僕はそんな爆発的なエネルギーをもったものをつくりたかったのだった。ふてくされて諦めかけてたけど。という反省。 at 03/22 18:40

posted by wiggler at 00:01| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

2010年03月21日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
@isakita そうなんですよ。きょうは(昼間もそうだったんですが)強風の影響らしいです…。ま、そういうときもありますよね。きょうはお付き合いいただいてありがとうございました! QT ホント最近よく止まりますねぇ…総武線は大丈夫そうです at 03/21 01:22


wiggler1029 / 沼上純也
そういえばきょう、空師(≒街の木こり)の佐野さんから久々の電話。キャンプ場の管理をすることになったことやら平塚でフリマやライブのイベントをやることなどを教えてもらった。久しぶりに会いたいなぁ。 at 03/21 01:25


wiggler1029 / 沼上純也
先日、砥上淳さんの写真展で出会ったucaucaさん。子どもたちと戯れながら草木染めの話などで盛り上がったのだけど、HPを見たら作品も人柄どおりやさしくて柔らかくていい雰囲気。 http://ucaucasan.jugem.jp/ at 03/21 01:29


wiggler1029 / 沼上純也
強風の影響で運転見合わせと。この電車に乗ればギリギリ間に合うかと期待したが、そう上手くはいかないらしい。 at 03/21 11:26

posted by wiggler at 00:01| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

2010年03月20日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
あーあ、NZからの腐れ縁のやつとせっかく楽しく飲んだのに電車が止まってる…。最近多いな。 at 03/20 23:49

posted by wiggler at 00:01| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

2010年03月18日のつぶやき

wiggler1029 / 沼上純也
お待ちしてますー。QT @spread_foto 倉庫の鍵を持ってきてしまった。浜松町に戻ります。ブーブーで安全運転で! at 03/18 00:20


wiggler1029 / 沼上純也
曽我部恵一さんカバーの「サイダー'73」。いま流れてきたが、最近よく聴いている気がする。70年代前半の日本の曲がこのところツボらしい。 at 03/18 01:50


wiggler1029 / 沼上純也
子どもたちとガチで鬼ごっこをしています。かわいいけど、つかれるわー。 at 03/18 17:06


wiggler1029 / 沼上純也
with 平塚のお兄さん & 大磯のベッキー at 03/18 17:08


wiggler1029 / 沼上純也
今度はお兄さんがお菓子買ってとたかられています。@砥上淳さん写真展 at 03/18 17:10

posted by wiggler at 00:01| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Japanese whalingについて、ひとつの映像から

オーストラリアの捕鯨反対を日本人への
偏見と差別感情からくるものとする映像。

かなりグロい映像もあるのでご注意ください。
気分が悪くなったら途中で見るのをやめてください。

それから煽りっぷりもなかなか。。
でも、捕鯨議論のひとつの側面ではあるのかも。
(よく調べていないのでわからないけれど)





オーストラリア人がディンゴやカンガルーの虐殺を気にかけないように
日本人である僕も捕鯨の実態をきちんと気にかけていない。

なんでだろう。
自分にとってリアルではないから?

じゃあなんでリアルでないのだろう。
クジラの肉なんて一度か二度かじったことしかないから?
日本人のことを信頼しているから?
目の前で起きていることではないから?
生きやすくするために感覚にふたをしているから?
そもそもリアルに思えないのは自分だけ?

「ガラスの中(IN VITRO)」ということばで補助線をひいてみる。
思いのほかしっくりきた。
いのちの問題もまるでガラスの向こう側の存在のよう。
ガラスという絶対的な膜をはさんで
こちら側と隔てられた小さな世界のなかの出来事。
(そしてそれを眺める自分は創造主)

いのちというものが身近に感じられない。
生も死も上っ面以外は大切に隠蔽されている。
いのちはガラスの奥にしかない。
だからこそ気をつけていないと、とても軽く思えてしまう。
この軽く見えてしまうことへの危機感はある。
それでいいはずはない、と直感的に思う。
ただ、そのバリケードもそこここで破られている気もする。

このとてつもなく軽くてフラットな感じはなんなのだろう。
foundationのなさゆえのものなのか?
(occupationの土台としてのconstitution、
constitutionの下地としてのfoundation)

とりあえず書きながら考えはじめてみたはいいけれど、
まとまりそうにないので、つづきはまた改めて考えよう。

ちなみに、この映像について知ったのはこの記事でした。
記事の内容についての価値判断はここでは控えます。
http://zaian.mo-blog.jp/weblog/2010/03/post_18f0.html

posted by wiggler at 02:16| Comment(0) | memos | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

「森のめぐみのデザイン展」開催します。

今週末からこんなイベントを開催します。
デザインから日本の森林を再生させようという取組みです。


森のめぐみのデザイン展
〜世界にたったひとつの木の作品〜


この世にひとつしかない、日本の森のめぐみが かたちを与えた、
木のデザイン展示会をエコプラザで開催します。
区民等30名の精鋭が挑んだ、日本の木をつかった家具や遊具のデザイン。
その30点の夢のたまごは、全国各地の間伐材によって実物大の作品に仕上がりました。
えっ?木でこんなデザインができるの! のオドロキを目の当たりにしてください。
あわせてシンポジウムや講演会もお楽しみいただけます。
★詳しくは公式ホームページ<http://migumi.jp>をご覧ください。

◎開催期間:2010年3月19日(金)〜3月31日(水)
◎会場:港区立エコプラザ(東京都港区浜松町1-13-1)


<プログラム>
森のめぐみのデザイン展(会期中常設)
◎開催期間:2010年3月19日(金)〜3月31日(水)
 ※ 3月23日は、エコプラザ休館のため、デザイン展もお休みします。
区民等がアイデアを練り上げた30作品の展示をおこないます。
間伐材を使用したユニークな作品が、間伐材をふんだんに使用した
エコプラザの大空間に勢ぞろいします。


「森のめぐみのデザイン展」家具・小物等特別展示会(会期中常設)
◎開催期間:2010年3月19日(金)〜3月31日(水)
 ※ 3月23日は、エコプラザ休館のため、デザイン展もお休みします。
出展者:東京都森林組合
    宮崎県森林組合連合会
    みなと環境にやさしい事業者会議 会員


森のめぐみのデザインコンペ公開審査会
◎日時:2010年3月19日(金)13:00〜14:00
◎参加自由
区民等がアイデアを練り上げた30作品の公開審査会をおこないます。
ここで、各賞が決定されます。
審査委員:小林紀之氏 (日大大学院教授/審査委員長)
     岡田贊三氏(飛騨産業株式会社社長)
     清水慶太氏(プロダクトデザイナー)
     熊谷有記氏(プロダクトデザイナー)


シンポジウム<木材利用と温暖化防止を推進する「みなとモデル」の試み>
◎日時:2010年3月19日(金)15:00〜17:00
◎参加無料
★要申込(下記参照)
「みなとモデル」とは一体!?都市と森の新しい関係を構築する仕組みづくりが始まっています。
パネリスト:小林紀之氏(日大大学院教授)
      岡田贊三氏(飛騨産業株式会社社長)
      塚本愛子氏(環境省)
      関根秀真氏(三菱総研)


講演会<森のめぐみと国産材活用>
◎日時:2010年3月26日(金)15:00〜16:30
◎参加自由
★要申込(下記参照)
木材利用技術の最先端とその可能性について、国内の第一人者に語っていただきます。
講演者:有馬孝禮氏(東大名誉教授/宮崎県木材利用技術センター所長)


森のめぐみのデザインコンペ表彰式及びトーク
◎日時:2010年3月27日(土)15:00-17:00
今回のデザイン展における各賞受賞者へ賞が授与されます。
審査員によるフリートークも。
武井雅昭 港区長
清水慶太氏(プロダクトデザイナー)
熊谷有記氏(プロダクトデザイナー) ほか


ワークショップ<多摩産材で組み立て家具をつくろう>
◎日時:2010年3月28日(日)13:00-15:00
◎要事前申込
多摩産材を活用してユニークなワークショップを展開している団体をお呼びしました。
☆区内在住の親子対象(小学4年生以上のお子様)
☆定員10組(要事前申込・先着順)
☆お申込やじるし:みなとコール→(TEL)03-5472-3710


★お申込みフォームメール:event@eco-plaza.net
 (@が全角になっています。半角になおして送信してください) 
件名に【シンポジウム】【講演】のいずれかを明記のうえ、
以下の必要事項を記載してお申し込みください。
............................................................................
氏名:
住所:
電話番号:
............................................................................

posted by wiggler at 03:35| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。